高校生と中学生のお母ちゃんトレーダーことさくら_yaの回帰トレンドラインとRCIのテクニカルツールを屈指しての投資検証ブログです。
2017年05月22日 (月) | 編集 |

おはようございます。

今朝方 下の図と別の1時間足(先週19日にアップ下図)を組み合わせたものをアップしていたのだが 午後に4時間足を確認したところ 別の考えがでてきたので一部訂正することにしました。

★ドル円です
今朝9時前のRCIです
ドル円_0522_0847_2

朝の時点で目先上昇しそうだということがわかったところで 4時間足を確認してからの1時間足飲み方が代わってしまいました
右が4時間足 左が1時間足です

ドル円_0522_4時間足と1時間足の比較
RCIではほんの少しの動きでもチャートは急落急騰を示すこともあります。
そのため 今のドル円1時間足のRCI下段が最終的に底で3本収束を目指すのがわかっていても 4時間足下段がもう天井近くとなると・・・4月の窓埋めが先になるか後に伸ばされるかが イマイチ微妙な位置。
わかることは 
(さくら_ya手法の)基本に従い
1時間足レベルでは 5/10-11頃に天井で3本収束した以上基本は下げモード(上昇より下落のほうが伸び率が高い)。
その為 トレードは常に上から下へ下げるトレードに徹した方が安全性が高いので 15分足RCI上段が天井収束するタイミングを待って売る。
もし 更に上昇したら逆指値で切って 再度天井で売る
(よほどのことがない限り 5月の高値を超えることはすくない)という目線で今週もトレードしていきたおとおもいます。


スポンサーサイト
2017年05月19日 (金) | 編集 |
おはようございます。
まず 前回の反省から 前回と本日の1時間足と15分足を比較してみました
ドル円_0517_1625_1_その後

そこで 確実に狙うためにもう一度おさらいです
ドル円 1時間足で方向を確認
ドル円_0519_1000_1時間足

つぎに15分足で入る位置探し
(ドル円 上が1時間足 下が15分足です)
ドル円_0519_1000_2_A

とりあえず 窓埋めするかどうか。
先週はしないのではと考えていたのですがこの度の急落で 窓埋めまであと少しの位置ということで可能性もありでしょうか?

しかし アメリカのトランプ大統領関係など外部要因がいろいろでてきているので 今の110円台で横ばいとなり 1時間足下段が収束する。という流れも念のため考えておいたほうがいいのかもしれないともおもっています。



2017年05月17日 (水) | 編集 |
こんにちは さくら_yaです。
毎週月曜には更新を約束しておりましたが どうにも今週はまとまった時間が取れず更新を怠ってしまいました。
大変申し訳ございません。

そこで 早速本題
全体のRCIについてです。

ここのところ なかなか動きが読みにくい また妄想してもそのようにならないことが続いていましたのでこんなときは以前のように全体を一気に表示することで時間の流れとRCIの動きを確認してみようとおもいます。

★ドル円 左から 4時間足 1時間足 15分足 5分足 (夕方です 以下同じく)
ドル円_0517_1625

今週は月曜あたりに上昇し 先週のチャートから三尊か?!
とこっそり妄想していたのですが どうにも上昇に至る前にもうひと下げする動きとなり 1時間足上段と15分足上段下段が共に底で再収束するような流れで底固めとなっています。
ドル円_0517_1625_1


★ユーロ円 左から 4時間足 1時間足 15分足 5分足
ユーロ円_0517_1620

1時間足のチャートの形から ユーロ円が一番売り指示を指しやすいような・・・
ユーロ円_0517_1620_1


おまけに
★豪ドル円 左から 4時間足 1時間足 15分足 5分足
豪ドル円_0517_1625


ドル円もユーロ円もこの先再上昇してから下落の流れでしょうか

来週は月曜に更新できるよう時間をつくります!!

2017年05月09日 (火) | 編集 |
再び エントリー位置について 昨日の追記です

今まで 以下のようにラインを引っ張っては割ったところにショートの指値を指しては逆指値にかかって 小さな損切りが続いていますが
ドル円_トレンドライン

逆指値にかかる度にチャートを見ていられない方もおられることを考えたら 次の作戦を思い出しました。

とりあえず 1時間足RCIはほぼほぼ天井近くであることを再確認
ドル円_1時間足_1250

そこで いままでのような安値を結んだトレンドラインでなく 確実にトレンドが変わったことを確認した上でショートに入る作戦です
15分足
ドル円_15分足_1250
上図の①の位置か さらに左下の安値の下に売り(ショート)の指値を指して チャートが降りてくるのを待ち続けるのです。

基礎中の基礎のテクニカルを利用したトレードですが ローリターンでもローリスクなら コツコツ利益も積もればなんとかで最終的には大きくなります。

高値からある程度の値幅の利益を捨てることになりますが それでもトレンドが変わったら1円値幅は狙えそうです。

いかがでしょうか。


2017年05月08日 (月) | 編集 |
東京は暑い日が続きます。
この多摩地域では小中学校でインフルエンザがまだ流行っているので 気温が上がったからとはいえ気をつけたいものです。

本日から数日間の作戦です

ドル円
ドル円1時間15分足_0508_1230

もし ここで下落の流れになったとしても 今では2週間前の窓を埋めない可能性もちょっと考え出しています。
窓埋めは7-8月以降になる可能性も。

こちらについては 次の更新ときに書いてみようと思います。
ということで 本日は安値の抵抗線を割るかどうかに注目中です。

今週も頑張りましょう