FC2ブログ
高校生と中学生のお母ちゃんトレーダーことさくら_yaの回帰トレンドラインとRCIのテクニカルツールを屈指しての投資検証ブログです。
2018年07月30日 (月) | 編集 |
おはようございます。

週末の台風は大丈夫でしょうか?
先週のドル円ですが思うほど下がらないまま終わってしまいました。
というよか 投資カレンダーにかかれている山中先生のコラムより
「25~27日の変化日は25日の「水星の逆行」と28日の「月食」を主にドル売りの変化日で上下に揺れやすい月末となる」
の言葉どおりの動きになったように思えます

その結果 1時間足2段めのRCIの形がわかりやすい終わり方をしてくれたので 今朝の方向を決めやすくなりました。

RCIは過去何度か見かけた似た形となりました。

ドル円_2018_0729_1 

ということは 今日からはとりあえず1時間足の赤い長期線が天井収束に向かう流れとなりそうです。
ですが その後が問題!!
先週 ショートと判断した元となる3段RCIの短期線がクロス済。
3段RCIは下図をみてわかるようにクロスしたからといって 即方向転換しないことが多いのです。
そのため 次にあげたようにABの2パターンを考えてみました。

ドル円_2018_0729_2
ドル円_2018_0729_3

ドル円は とりあえず2段RCIがこれから・・・今日か明日中に天井収束するかと思いますが(チャートがどれだけ上伸するかはわかりません。RCIがいまの位置から天井まで伸びても チャート自体が大した伸びもないままの可能性も有りです。または急騰並に伸びることもあり。こればかりはRCIからは読み取れませんので悪しからず) とりあえず天井到達後からは 3段RCIも天井収束にむけて動くのかを観察することになるかな。

3段RCIが天井に向けて動きだしたら 今後は約2週間。2段RCIも底から天井収束の流れのみトレードしていくと損切りがすくなくなることになります。

逆にAパターンのように3段RCIが底針付きになるようなら まだまだチャートは下がるということで安値候補の109.7前後の値はまだ候補として生きることになるのです・・・

もぅ こうなったら2段RCIの天底収束の上下に乗って様子を見るしかないかな~~。

と いうところでしょうか?

今週は雇用統計と会見ないけれどFOMCがある週なので動きが鈍いかなぁ~。



今日の気になったニュースです

米中貿易「戦争」どっちが悪い?
→「論評」でなく、きちんとした「分析」が必要ですよね

貿易戦争は日米も? 「通商対話は8月、農産物自由化のFTAには応じない」麻生財務相
→EU連携やTTP主導というバックがある今なら、相当強気に出られそう

Netflix、本当にテレビ界を制する──エミー賞112部門ノミネートが告げた新時代の到来
>ストリーミングサーヴィス大手であるNetflix、Hulu、そしてアマゾンによる新しい「ビッグスリー」時代の幕開けを告げるものだ。
→メディア先進国のアメリカですら旧メディアが及ばないなら、日本でも今後影響は出るでしょう

イスラエルの「スペースIL」、月に探査機を打ち上げへ 成功すれば民間で世界初
月への入植を目指す日本企業、ispaceの挑戦
→市場としての「宇宙」はもう少し注目されてもいいと思います

東日本銀行、不正のオンパレード 横浜銀との統合で自ら大きく見せようと?
→なんか絵に書いた様なお山の大将。地銀はこうした体制多いんでしょうか



※投資は自己責任でお願いします。
また 子どもが夏休みの間は子供の在宅が長くなることから 2学期が始まる頃まで不定期更新。コメント欄はお休み とさせていただいています。

ということで今週も頑張りましょう。
スポンサーサイト